面倒や金銭的な事で避けがちかも

しれませんが、やっぱり

シロアリの予防は必要でしょうか?

 

 

そう悩んでいる人も多いかもしれません。

 

 

普通に持ち家を持っていてもなかなか

シロアリ予防をやる事を考えない人が多いです。

 

それはどうしてかというと、意外と多くの人が

シロアリ予防が必要かどうか分かっていないからです。

 

 

確かにシロアリに詳しくない素人からすれば

実際に家がシロアリの被害に遭うまでは

必要ないように感じるからです。

 

 

今までシロアリの被害にあったことがなかったり

鉄骨やコンクリート建築に住んでいたりすると、

なかなかシロアリ予防の必要性は実感できないことでしょう。

 

 

普段目にする機会もほとんどないため、

たかがアリごときで大袈裟だと軽く考えがちです。

 

 

しかしシロアリは名前から受ける印象とは違って

アリというよりむしろゴキブリに近く、

場合によっては木造住宅どころかコンクリートも

壊してしまう非常に危険な害虫です。

 

 

放置してしまうと住宅の価値がどんどん

失われていく上に、地震が来たときには

揺れに耐え切れず倒壊してしまう可能性があります。

 

 

では、実際にシロアリが家に発生する前に

シロアリ予防が必要かというと

必要だと言えます。

 

 

なぜ実際に家にシロアリが出る前に予防が

必要かというと事前にシロアリの予防を

しておく事でシロアリ被害を防ぐ事が

可能になるからです。

 

 

確かに素人の考えだと事前にシロアリ予防を

やっても思ったようにシロアリ被害を

防げるようには感じないと思います。

 

 

シロアリが出る時はいつでも

出るような感じがします。

 

 

ですが、それは実際にシロアリ被害がないから

シロアリ予防をしなくても良いと勝手に

思っているだけで実際は必要かと聞かれれば必要です。

 

 

では、どうしてシロアリ予防が必要かというと

シロアリ予防をやっておく事で本当に

シロアリ被害を防げるからです。

 

 

被害が進んでから駆除しようとすると

多額の費用が必要になることも多いため、

しっかりとシロアリ予防をすることが大切です。

 

 

シロアリ予防をする上で最も重要となるのが

新築時であるのはいうまでもありません。

 

 

なのでシロアリ専門業者もシロアリ発生の予防を

お金を出してやった方が良いという事を言います。

 

 

なぜなら、これをやらないでいると木造住宅に

シロアリが発生してしまって大変な事に

なるというのがあるからです。

 

 

事前にシロアリが発生しないように

予防策を講じるのは必要です。

 

ですが、素人からすればそれがよく分からないので

今は家にシロアリが発生していないという事も

あって予防をしなくても良いと思ってしまうというのがあります。

 

 

でも、実際は古い木造住宅になるとどうしても

シロアリが出てくるのでそれを防ぐために

予防は必要かというと必要と言わざるを得ないです。

 

 

そうしないと、今は出てなくてもいずれ

シロアリ被害が発生する事になります。

 

なので自分でやるにしても専門の業者に

任せるにしてもシロアリ被害の予防を

やるのは絶対に必要というのがあります。

 

 

基本的な対策方法としては、土壌や木材に

シロアリが寄り付きにくくなるよう薬剤で

処理することが挙げられます。

 

 

ただし効果は数年で薄れるため、定期的に

薬剤処理を行うことがポイントになります。

 

 

また、基礎を高くするなどシロアリに

強い家になるよう工夫することも

忘れないようにしましょう。

 

 

既に建てられた家であっても、日当たりや

風通しをよくしてシロアリが苦手な環境を

作ることができれば予防に繋がります。

 

 

もちろん被害が発生していないかこまめに

チェックすることも重要です。

 

 

万全のシロアリ対策を行い、大切な家を

長持ちさせて気持ちよく暮らせるようにしましょう。