シロアリ予防を自分でするには

どういう方法が良いのでしょうか?

 

 

家屋を脅かす厄介なシロアリですが、

実は自分で予防や駆除をすることができます。

 

 

自分でシロアリ予防をされる場合には

どうすれば良いのかについて、

まず考えなくてはなりません。

 

そして、自分でシロアリ予防をするのですから
そのための方法が必要となってきます。

 

最近ではシロアリ予防をするための商品も

身近なホームセンターなどに見られますので

そこから自分で考えて購入していかなければいけません。

 

しかしシロアリ予防といってもどこから

やっていけばいいのかというのも素人ならば

分からないですよね…。

 

そこで

まず水漏れがキーワードになってきます。

 

そしてシロアリの被害というのは雨漏りが

大多数とされておりますので、水漏れなどは

早めに修理をしておくことがいいでしょう。

 

ちなみにもし駆除作業をされたとしても

水漏れを放置してればすぐにまた再発することに

なってしまうかもしれませんし、

一度襲われているのであればその確率も

また高くなってしまいます。

 

そしてシロアリとは初めからあなたの家を

襲うつもりはありません。

 

つまりエサを求めてやってくるのですから、

そのエサにならないよう浴槽の喚起を怠らず、

なるべく日の当たるようにしておくと予防にも

なりますので環境作りは欠かせないということになります。

 

先にも述べた通りシロアリはエサを

求めてやってきます。

 

自分でできることは例えば敷地内にエサとなる

木材などは必ず置かないようにすること、さらには

それが枯れ木になってれば尚更のことで来てくれと

言ってるようなものですのですぐに撤去してしまいましょう。

 

さらにとにかく日陰や湿気を好む虫ですので、

そうした場所が思い浮かぶようであれば

見直す必要があります。

 

例えば家の周りに植木などは

置かれてませんか?

 

もしかするとそれらが湿気を作りシロアリを

寄せ付けることになってしまいます。

 

またそれらが床下の換気を妨げ風通しが

悪化してしまい湿気が溜まりやすくなりますので、

なるべく何も置かないようにしておくことを

お勧めします。

 

最後に自分でできるシロアリ予防は湿気を

好みますので普段から水気の多い場所は

徹底して拭くようにしておきましょう。

 

 

そして、毎年温かい時期が近付くと羽アリを

よく目にするようになりますから、

その時期までに用意しておくと効果的でしょう。

 

 

方法としては、まずホームセンターなどで

売っているベイト剤を用います。

 

 

ベイト剤は簡単に言えば毒餌のことで、働き蟻に

毒餌を運んでもらって巣ごと壊滅させる狙いが

あります。

 

 

シロアリは、巣をなくさない

限りいたちごっこです。

 

 

見つけた羽アリを1匹1匹駆除していても、

シロアリ予防にはなりません。

 

 

そこでベイト剤を使います。

 

具体的な設置場所としては、

土に埋めるのが一般的です。

 

 

しかし明らかにシロアリの被害に

遭ったであろう箇所を見つけているのであれば、

そこに養生テープなどで固定して

置くのも効果的です。

 

 

ベイト剤は、大体3個で2000円ほどになります。

 

 

予算的にもあまり高額ではないですので、

シロアリ予防の第一手としておすすめです。

 

防腐剤を塗るのも、シロアリ予防には重要です。

 

 

塗る作業さえ大変に感じなければ、

シロアリへの対策もできる防腐剤を

使いましょう。

 

 

原液を水で希釈した後に、霧吹きや刷毛塗りで

木材をコーティングします。

 

 

こうすれば食べられるどころか寄ってくる

ことさえしなくなるので、まさにシロアリ予防と

言えます。

 

 

価格は400mlで1万円弱が相場です。

 

 

防腐剤もホームセンターで気軽に手に

入れられますから、シロアリが心配だったり

既に被害を受けていれば購入をおすすめします。