私の父親の家がシロアリの被害に

遭ってしまいました。

 

 

父親は、新築の建売を20年前に購入したのですが、

間柱をはじめとする家の大切な柱がシロアリの被害に

遭っていたのです。

 

 

入居から10年程度は、シロアリの被害に気が

付かなかったのですが、年数の経過とともに

老朽化してきたため床下の点検を依頼したところ

判明しました。

 

 

父親の家は、特にシロアリに対する対策を

していなかったため保証が効くといった事も

ありませんでした。

 

 

床下で見ると太い柱が食べられており、老朽化も

伴って非常に不安定な状態になっていました。

 

 

床下のため普段の生活では、なかなか気付く事が

出来ないのだと思いました。

 

 

マイホームの購入にシロアリに対する対策をしっかりと

講じておく必要があると父の家を見て改めて感じました。

 

 

最初に対策をしておけば業者によっては、

保証や保険が効く場合が多いです。

 

 

保証の場合は、おおよそ10年間は被害に遭ったとしても

無償で駆除をしてくれます。

 

 

保険については、駆除はもちろんのこと被害に

遭った部分を補修してもらう事が出来ます。

 

 

父の家の場合は、マイホームに入居する前に

白蟻対策をしていなかったので、対策をしていれば

保険や保証を受けられたかも知れません。

 

 

白蟻は、知らないうちに侵食が

拡大していってしまいます。

 

 

定期的な床下の点検や土壌の点検を専門業者に

行ってもらう事で酷い状況になる前に食い止める事が

出来ます。

 

 

白蟻に食べられる範囲が広がっていき柱としての

機能が失われると耐久性や耐震性が損なわれるため

補修が必要となりますが、保険に入ってないと

非常に高額な費用が発生してしまいます。

 

 

万が一のためを考えて白蟻の対策と保険の加入を

検討しておくと良いです。

 

 

新築のマイホームを建てる際には、白蟻対策と

保証年数もしっかり確認しておく事で将来的に

安心して生活していけます。

 

 

もしもの時の事を考えて白蟻に対してしっかりと

予防と対策をしておく事がとても重要となります。