シロアリ被害にはしっかりとした補修が

必要になってくるのでしょうか?

 

 

建築してから25年程経過している木造住宅に

住んでいるため、様々な部分に痛みが

見えリフォームを考えていました。

 

 

キッチンやバスルームも古いのでリフォーム

したいところですが、地震が多く発生しているので

耐震補強が優先かなと考えていました。

 

リフォーム業者にこちらの希望する項目を伝え、

実際に家の状態を見てもらうことになりました。

 

 

家の状態を点検してもらった時に、各部分の

痛みなどと一緒に発見されたのがシロアリによる

被害が発生していることでした。

 

 

リフォーム業者の説明では、キッチンとバスルーム、

和室部分の床下に被害が発生していおり補修が

必要ということでした。

 

 

バスルームは床下に行かないとどのような状態

なのか分かりませんが、キッチンと和室は床下に

潜らなくても被害の状態を確認することができました。

 

 

自分で見ても「これでは補修が必要だ。」と

思いました。

 

キッチンの床下収納庫から覗いて見ると、水回りの

部分を中心に太い柱にカビが発生しているのが

見えました。

 

 

リフォーム業者が検査をする棒で叩くと、

柱からはポコンというような中が空洞に

なっているような音がしました。

 

 

ドライバーのような物で突くと中からシロアリが

出て来ました。

 

 

和室の床下もキッチンと同じような状態で、

太い柱だけではなくその周りの木材にも

シロアリの被害が発生していました。

 

リフォーム業者の説明では、

「今回のリフォームで気が付かないと、

家全体がボロボロになってしまうところでした。

 

 

補修とシロアリ駆除をすれば大丈夫です。」と

言うことでした。

 

傷んでしまった柱や床などを補修するために、

壁や床材などを剥がしていきました。

 

 

食われている部分は、外見からもボロボロに

なっているのがよくわかります。

 

 

シロアリに食われて傷んでいる部分は、

柱などを全て交換していくことになりました。

 

バスルームとキッチンの床下の被害は

特にひどく、太い柱を切断して補修する

作業をしていきました。

 

シロアリは見えない部分にも発生していることが

あるということなので、補修をした部分以外にも

薬剤などを散布することになりました。

 

傷んだ部分の補修作業やシロアリ対策薬剤などを

吹き付け、作業が全て終了しました。

 

 

しっかりと補修された部分は、床がボコボコしたり

グラつくこともありません。

 

 

家全体にシロアリ被害を受けていたら、

今回のような補修だけでは済まなかったかも

しれません。

 

 

しっかりした補修と対策ができ、

本当によかったと思います。