シロアリ対策を自分で行う方法は

あるのでしょうか?

 

 

シロアリ駆除業者に依頼するとかなり

高額な費用がかかるとイメージされて

いる方も多いのではないでしょうか。

 

 

シロアリ対策をしようと思った時に中にはできるだけ

シロアリ対策にかかる費用を抑えたいと思う人もいます。

 

 

そのため、シロアリ対策用の道具を

購入し、自分でされる方もいるかも

しれません。

 

 

それでシロアリ対策は自分でやろうと

思う人もいます。

 

 

では、実際にシロアリ対策をやろうと思った時に

自分でできるのかという問題がありますが

かなり面倒で大変ですができない事はないです。

 

 

シロアリ対策と言うとプロに行って頂かないと

出来ないと思われるかも知れませんが、自分で

行う事ももちろん可能です。

 

 

方法はいくつかありますが、まず肝心なのが

湿気を溜めない事です。

 

 

シロアリは湿気を好みますので、湿気があると

いくら対策をしてもシロアリが来てしまいます。

 

 

湿気が篭らない要に常に換気を怠らない様に

致しましょう。

 

 

この換気を行う事が、シロアリ対策に効果的です。

 

 

次にシロアリが住み着くダンボールや木材を

撤去しましょう。

 

 

ダンボールや木材はシロアリだけではなく、

様々な虫の住処になってしまいます。

 

 

これらを撤去する事により、虫が住み着かない

快適な家作りをする事が可能です。

 

 

また家の中だけではなく、外からのシロアリを

防ぐ事も肝心です。

 

 

エアコンの換気口等の外と家の中が繋がっている

部分からシロアリは進入してきますので、パテ等に

穴が開いてないか等、日々点検を怠らない様に

致しましょう。

 

 

もし進入口を発見した場合はホームセンター等で

パテを購入し、埋め立てて、シロアリが

進入しない様にして下さい。

 

 

戸建てにお住まいの方は床下を確認する事も

忘れずに行いましょう。

 

 

できれば、目視の確認だけではなく、床下に

潜り込んで、懐中電灯等を使用して、実際に

シロアリの形跡がないか確認できれば一番です。

 

 

もしシロアリの形跡が確認できた場合は駆除剤を

使用して、シロアリの駆除を試みて下さい。

 

 

もちろんその際にはしっかりした薬剤を

購入しないといけないです。

 

そうしないといくら自分で床下に潜って薬剤を

撒いてもシロアリ予防がきっちりできないです。

 

 

なのでまずはしっかりシロアリ対策ができる

薬剤を選ぶ必要があります。

 

ここを間違えてしまうとただ無駄な費用を

出してしまう事になります。

 

 

なのでまずはしっかりシロアリ対策が

できそうな薬剤を探して購入する必要があります。

 

 

それによって本当にシロアリ対策ができるかどうか

決まると言っても過言ではないです。

 

 

なのでシロアリ対策を自分でできないという事は

ないです。

 

ただその際には自分でしっかりシロアリ対策を

しないと効果はないです。

 

 

なぜなら、シロアリ対策を自分でやるにしても

いい加減な事をしていたらいくら薬剤を撒いても

思ったようにシロアリ対策ができないです。

 

 

特に自分でやろうと思った時は薬剤を

撒いてシロアリ対策をするのは大事ですが

それ以上にシロアリが発生しにくい環境を

作る事が大事なります。

 

 

素人はシロアリ対策はただ薬剤を撒けば

それでもうシロアリ対策は十分だと

思ってしまう傾向にあります。

 

 

確かにこのくらいなら素人でも簡単に

できますし、多少の手間程度で済むという

感じです。

 

 

ですが、それだと十分にシロアリ対策が

できた事にならないです。

 

もし自分でシロアリ対策をやろうと思うなら

その際には床下が湿った環境にならないように

乾燥機を床下に設置するくらいの事はした方が良いです。

 

 

そうすればシロアリが好まない環境になるので

シロアリが発生しにくくなります。

 

薬剤も大事ですが一番はシロアリが好まない

環境を作るのが大事です。

 

 

ここまでやれば自分でもシロアリ対策は

十分できます。

 

 

常にシロアリ対策の点検を行っていれば、

自分で早期発見が可能なので、自分で

駆除できる可能性も高くなる筈です。