シロアリ対策は必要?不要?

一体どちらなのでしょうか。

 

 

人間が家に住むときに脅威になりえるものとして

シロアリがあります。

 

 

もし、シロアリの被害が出てしまうと、

梁や柱など家を支える建材が食い荒らされて

しまからです。

 

 

とはいうものの業者にシロアリ対策を

してもらうとなれば、それなりの費用が

必要となります。

 

 

しかもやったことが効果が無いこともあると

言われています。

 

 

そう考えるとシロアリ対策は不要だと

思うのも無理はありません。

 

 

実際の所シロアリ対策をする必要はあるのかと

いうことですが、シロアリというのは調査に

よると5棟に1棟の割合で被害に遭うという

結果が出ています。

 

 

しかも生息地域は日本の殆どの地域を

網羅しているのです。

 

 

本当にシロアリの被害を防ぎたいのであれば、

新築のときから薬剤で予防するのが良いのですが、

手頃な価格の中古物件を購入する人も少なくありません。

 

 

そうなるとたとえ建てるときにシロアリ対策を

していても効果は殆どなくなっています。

 

 

これらのことを考えると、新築・中古どちらで

あっても手に入れたならばとりあえずシロアリ対策を

しておくほうが良いでしょう。

 

 

シロアリが出てから対策を講じれば良いと

後回しにしてしまうと、予防よりもさらに

高い費用がかかってしまいます。

 

 

注意しなければいけないのは、シロアリなんて

姿も見えていないのに駆除をして高い費用を

請求する悪徳業者もいることです。

 

 

特に高齢者が被害に遭いやすい詐欺ですが、

業界団体の認定資格というのもありますから、

信頼できる業者かどうかの見極めをすることは

出来ます。