シロアリ対策に使える薬剤は

どのような効果があるものが

良いのでしょうか?

 

 

シロアリの対策として薬剤を使うのは

一般的かもしれませんが、自宅のシロアリ対策として

自分で薬剤を選ぶというときには、

どういったものでも良いわけではないのです。

 

 

シロアリ対策として薬剤を使用するときの

選び方のコツは、効果が出るまでに時間が

かかるというものを選ぶということが必要です。

 

 

いわゆる遅効性という言い方もしますが、

そういった性質を持った薬剤でないと

意味がないと言えるからです。

 

 

例えば、

専門の業者に依頼せずシロアリ対策をするのに

適している薬剤の一つに、フェニルピロールが

挙げられます。

 

 

これは即効性がないというのが特徴です。

 

 

では、どうして遅効性を持っている薬剤じゃないと、

シロアリ対策として意味がないのか?

 

 

薬剤を使用した直後にシロアリに対して

効果があったとしても、それは薬剤を使用した

周辺にいるシロアリは退治できます。

 

 

しかし、

別の言い方をすれば、その辺にいるシロアリしか

退治できないのです。

 

 

シロアリは目の前にいる数匹を退治しても

意味がなく、巣を壊滅させる必要があるのです。

 

 

重要なのはさらに奥にいるシロアリたちで、

そういったシロアリたちをどうやって退治するか?

ということを考えないといけませんが、

そのためには遅効性が必要なのです。

 

 

遅効性があるということはシロアリに対して

薬剤が潜伏している状態なので、まだ効果は

出ていません。

 

 

その点で言えば、フェニルピロール系の薬剤は

シロアリに付着して巣に持ち帰ってくれるため、

一網打尽にできるというわけです。

 

 

そして、薬剤を噴射した周辺にいるシロアリが

巣に帰っていったあたりで、ちょうど効果が

出てくれると、巣の中にいるシロアリたちまで

その効果を受けることになり、より多くのシロアリを

退治することができるのです。

 

 

つまり、薬剤の影響を受けているシロアリが

広範囲に動き回ることにより、薬剤を直接受けていない

シロアリにまでその効果をもたらすことが重要なので、

そういう性質の薬剤を選ぶことで、大切な家を

守ることができるということになります。

 

 

したがって、自分でやくざ鵜を選んで対策を

するというときには、効果があるものというのは

もちろん重要ではありますけど、効果が早く

出すぎないものという点について覚えておいてほしいと

思います。

 

遅効性というキーワードを覚えていれば

良いと思いますから、適切なものを選んで

シロアリ対策をしていきましょう。

 

 

ただしこれは人や動物に害が出る可能性も

あるので、使用するなら注意が必要です。

 

 

ウッドデッキなどにいるシロアリ対策ですが、

こちらの場合はカーバメートが入った薬剤が

適しています。

 

 

他にも湿気を含んだ薪などにいるシロアリ対策など、

とにかく屋外用として優れています。

 

 

反対に屋内で使ってしまうと、シックハウス

症候群の原因になるので避けるのが無難です。

 

 

手っ取り早くシロアリを駆除したいのであれば、

フェニルピラゾールを使っておくと良いでしょう。

 

 

非常に強力ですから、シロアリを高い確率で

駆除できる上に、少量で済むので経済的です。

 

 

こちらもフェニルピロールと同様に人に

害があります。

 

 

しかし最近ではカプセルタイプもあって、

直接手で触れないで済むものも売られています。

 

 

小さなお子さんがいる、あるいはペットを

飼育しているため、安全な薬剤が

良いという人もいます。

 

 

もしそうなら、ネオニコチノイドが入った

薬剤にしておきましょう。

 

 

これは即効性はないものの、昆虫にだけ

作用するため、人や犬猫には比較的安全と

されています。