シロアリ予防は新築からが大切

なのでしょうか?

 

 

新しい家ならまだまだ柱や基礎は

シロアリの影響はないと考えるのが

普通かもしれません。

 

 

新築の家を建てた時にはほとんどの人は

シロアリ予防は必要ないと考えてしまいます。

 

なぜなら、シロアリ被害にあうのは

古い家というイメージがあって建てたばかりの

新築の場合はシロアリ予防をしなくても

良いと思ってしまうからです。

 

 

では、実際に新築の住宅を建てた時は

シロアリ予防をしなくても良いかというと

そういう事はないです。

 

 

なぜなら、シロアリ予防をやるのは

新築住宅でもやっておいた方が良いからです。

 

 

確かに新築住宅ですぐにシロアリ被害に

あうという事はまずないです。

 

 

しかし。

 

 

シロアリ予防を怠ると家の耐久性を

大きく損ねてしまいます。

 

 

 

古い家に住み着くイメージを持たれがちですが、

新築物件も例外ではありません。

 

 

新築住宅でシロアリ被害にあう前に

シロアリ予防をやっておく事で

将来のシロアリ被害を防げるようになります。

 

 

 

この害虫は木材だけでなく断熱材も

好んで食べてしまいます。

 

 

新築住宅だからという理由でシロアリ予防を

しなくて良いという事にならないです。

 

 

それどころか新築住宅の段階でしっかり

シロアリ予防をしておくのが良いです。

 

 

なぜなら、建てたばかりの新築住宅の段階で

全くシロアリ被害にあってない状態で

シロアリ予防をやるから意味があるのです。

 

 

これが新築住宅を建ててからしばらく経って

からシロアリ予防をやる事になっても

すでに手遅れになっている事もあります。

 

 

全くシロアリ被害にあっていない時期の

新築住宅をシロアリ予防をしておくのが

良いです。

 

 

そうすれば将来シロアリ被害を

防げるようになります。

 

 

新築住宅だからシロアリ予防をやらなくて

良いという事はないです。

 

 

むしろ新築住宅だからしっかりシロアリ予防を

した方が良いというのがあります。

 

 

なぜなら、全くシロアリ被害がにないうちに

シロアリ予防をやるから意味があるのであって

被害があってからシロアリ予防をやっても意味がないです。

 

 

新築住宅を建てた時は真っ先にシロアリ予防を

した方が良いです。

 

確かに家を建てたばかりの頃は

シロアリ被害はないです。

 

 

ですが、それも時間が経てば普通に

シロアリ被害が出ます。

 

なので早い段階でシロアリ被害を

防ぐようにしておかないと

大事な家がシロアリに食われてしまいます。

 

 

このため最新式の基礎断熱工法の家などは

要注意です。

 

 

まずは設計段階で基礎部を高くしておくなど、

シロアリ予防できる構造にしておきましょう。

 

 

特に玄関や犬小屋など侵入ルートに

なりやすい場所には対策が求められます。

 

 

その上で新築時から専用の薬剤を

散布することが大切です。

 

 

一度施しておけば5年から10年の間、

シロアリ予防効果を発揮してくれます。

 

 

言い換えれば定期的な散布が必須ということですから

事前に専門店を選定していくことも重要です。

 

 

シロアリは新築時から徐々に建材を

蝕んでいきます。

 

 

餌を求めてコンクリートさえ穴を

開けることも少なくありません。

 

 

都市部になるほど厄介な性質を持つ害虫が

集まる傾向にあり、シロアリ予防を

充実することが強く求められます。

 

 

基礎部やウッドデッキの裏だけではなく、

室外機周辺も要警戒ポイントです。

 

 

湿気が多く風通しが悪い場所は格好の

生息域となりますので重点的に薬剤を

散布することになります。

 

 

新築の内から対処しておけば建材が

被害を受けることもなく、いつまでも

丈夫なままです。

 

 

食われてしまえばリフォームや修理を

要しますので費用が嵩んでしまいます。

 

 

優れたシロアリ予防は住まいだけでなく、

家計も助けてくれる賢い方法です。