シロアリを予防する薬剤を探していませんか?

自宅のシロアリ予防をしたいと思った時に自分で薬剤を購入してシロアリ予防をやる意味があるかと思う人もいます。

確かに一般的なシロアリ予防のイメージというと自分でやらずに専門のシロアリ駆除業者に任せるというのがあります。

確かにそうすればわざわざ自分でシロアリ駆除のために薬剤を購入しなくても良いというのはあります。

ですが、だからと言ってシロアリ予防のために薬剤を買っても意味がないという事はないです。

なぜなら、実際にシロアリ予防のための薬剤を購入する事で素人でもシロアリが発生しないようにできます。

もちろんそのためにはシロアリが発生しないようにできる効果がある薬剤をしっかり吟味して選ぶ必要があります。

しかもシロアリの発生を防ぐ効果がある薬剤を購入してから自分で家の床下に潜ってその薬剤を塗る必要があります。

それが面倒で嫌だと感じる人もいるかと思います。

それは理解できますができるだけ安い費用でシロアリの発生を予防したいと思った時はこれくらいの事はしないとだめです。

そうしないと安い費用でしっかりシロアリが発生しないように予防できないです。

もし、自分でやるのが嫌だというなら専門シロアリ駆除業者に頼んで業者にシロアリ予防をしてもら事になります。

それで確実にシロアリが発生しないようにできます。

ですが、その分高額な費用を払ってシロアリ発生の予防をする事になるのでかなり経済的に辛い事になります。

それが嫌だという人にとっては専門のシロアリ駆除業者を使ってシロアリ予防をするのはあまりおすすめできないです。

それよりは自分でシロアリ予防の薬剤を購入して自分で床下に潜って塗った方が良いです。

そうすればかなり費用は安く済みます。

ただ、中にはそれで素人がやっても意味がないと思ってしまう人がいますがそれはただの思い込みでしっかりシロアリ予防の薬剤を使えばシロアリの発生を予防できるので本当におすすめです。

少なくともシロアリ予防の薬剤を購入する意味がないという事はないです。

シロアリ予防に効果的な薬剤には種類があります。

ひと昔前に駆除や予防で使用されていたのはクロルデンというものです。

非常に強力で1度使用すると生涯シロアリの被害を受けないと言われていました。

ですがあまりにも強力なので人体にも影響が出る為、1986年に輸入や製造、使用が禁止されました。

その後に使用されたのが有機リン系殺虫剤です。

ですがこれもシックハウス症候群の原因になると考えられ、安全性に不安があり敬遠されるようになりました。

それ以降は次々と安全性の高い薬剤が開発されました。

中には舐めても大丈夫という薬剤もあります。

使用する薬剤の特性は、系統によって同じですが、剤型や希釈濃度などが違う場合があります。

現在使用されているのは多数あります。

1つはフェニルピロール系です。

これはシロアリの呼吸障害を引き起こし駆除します。

人畜や魚類に対し毒性が高いので使用する際は注意が必要です。

2つ目はフェニルピラゾール系です。

少量の薬剤で高い殺蟻力をもっています。

これも人畜、魚類に対し毒性が強いので注意が必要です。

最近はマイクロカプセル化したものが開発されています。

3つ目はネコニオチノイド系です。

昆虫類に作用する為、人畜や魚類に対し安全性が高いのが特徴です。

伝達異常を起こし、興奮状態になって駆除を行うことができます。

使用する際は水に溶けやすいので土壌の流出には注意が必要になります。

この他にも使用されている薬剤は様々です。

薬剤を選ぶ際のポイントは、非忌避性や遅効性、伝播性などが重要になります。

というようにシロアリを予防できる薬剤は色々な種類がありますが、安心して行いたいのであれば業者に依頼するのが一番です。

なぜなら、シロアリ業者は最新の薬剤を使用している事が多く、プロだからです。

自分で予防してみるのも良いかもしれませんが、完璧を目指すのであれば、シロアリ業者に依頼する事をおすすめします。

 

>>費用一律のシロアリ駆除業者の口コミや価格を調査してみました。