大切なマイホームだからシロアリの被害には絶対に合いたくないなら、対策を考えてみてはいかがでしょうか。

我が家は築20年の木造2階建て、古さがあちらこちらに目立ち補修が必要になってきています。

浴室やキッチン、洗面所などの水回りのメンテナンスの必要も感じています。

季節毎にしか使用しない布団や衣類を詰め込んだ押入の襖を開けるとカビ臭い匂いもしてきています。

そんな時「シロアリ被害と対策」の情報番組をテレビで目にしたのです。

我が家の木造住宅も古いながら洋風の造りで柱が露出していません。

このような造りの家は、知らない間に壁の向こうはシロアリが発生しているかも知れません。

そこで、全国平均価格の半額で駆除してくれる業者もありますので、予算があうのであれば依頼した方が良いかもしれませんね。

一律価格で駆除してくれるシロアリ110番という業者さんがありますので、口コミや評判を確認してみてはいかがでしょうか。
 

>>費用一律のシロアリ駆除業者の口コミや価格を調査してみました。
 

基礎となる土台本体がシロアリの被害に遭っていたりすることもあると聞きました。

カビ臭い匂いが気になる押入の中から布団や衣類、詰め込んである全ての物を出し、四隅を指で押してみると僅かにへこみ

「まさか、腐ってる?それともシロアリ?」とドキッとしました。

我が家は築20年になりますが家を建ててからリフォームは疎かシロアリ対策もしていません。

シロアリ対策をしていない我が家が段々と心配になり、インターネットでシロアリの被害や対策について調べました。

インターネットで調べてみると知らない間にシロアリが発生し、それを放置していた事例が沢山掲載されていました。

湿気がこもる北側に浴室が設置されている我が家はユニットバスですが、浴室に続く床が僅かにへこみ軋みも感じます。

押入の四隅のへこみも気になりシロアリの専門業者に無料相談を依頼しました。

シロアリの専門業者の方は直ぐに来てくださり、床下から潜って基礎部分を写真撮影して見せてくださいました。

押入の四隅のへこみも原因は湿気によるものと教えて頂きました。

幸いなことに押入は通気性を良くして使っていけば大丈夫とのことです。

しかし、問題は浴室に続く床の軋みでした。浴室に続く床は腐り始めていたのです。

このままにしておけばシロアリの被害を受け、床が腐って抜けてしまうかも知れません。

リフォームを兼ねてシロアリ対策を専門業者さんにお願いをすることにしました。

築20年の我が家も大切なマイホームです。

シロアリ被害を受ける前に対策もでき心から良かったと感じています。